じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS リレー落語「宿屋仇」

<<   作成日時 : 2014/05/25 09:58   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は「米二・塩鯛二人会@宇治市文化センター小ホール」でした。今年で5回目、なんとか続けてもらっています。

リレー落語「宿屋仇」は初めての試みでした。どこで交替したと思います? もう済んだから言いますが、相撲を取って「はっけよい残った、ドタンバタン」「……(手を叩いて)……伊八ィー、伊八ィー」までが塩鯛、「へーい、お呼びで」とここからが米二……ということでした。どう? このタイミングは?

ま、この噺を知らん人には「そらなんのこっちゃねん」やと思いますが……。

この交替について、やる前は公平に半分ずつと思いまして調べてみました。何で調べたらええかな? そうや、創元社「米朝落語全集(増補改訂版)」のページ数で調べようか。でも「宿屋仇」は第7巻に入っててまだ手元にないわ。ほんならゲラで調べよう。わたしゃ関係者やからゲラがあります。それもスキャナーで読み取ってデータ化してある。どう? この念入りなこと?

ゲラをご存じない方にちょっとお目にかけます。これはイラストの入っているページ。藤原せいけん画伯の絵です。これ、よろしおまっしゃろ? 右のページにちょっとだけ私の直しが入ってます。

画像


そのページ数で調べると、だいたい「巴寝」(巴寝の説明は省略)の辺りで半分。でもここでは交替しにくいので、その流れで相撲を取ってしまって、それから交替することにしました。

塩鯛「……(手を叩いて)……伊八ィー、伊八ィー」

舞台袖から米二「へーい」

塩鯛そのまま引っ込んで、米二と交替。

米二「お呼びで」

どう? この自然な雰囲気は?

で、実際やってみたら、ちょっとも自然やなかったんですわ。まあ、ぎくしゃくしてること。それにネタを途中からやるってたいへんなんや、と思いました。やっぱり前半からの流れというのがあるんですね。それに乗るのにちょっと時間がかかってしまいました。……ま、ご趣向ということでお許しを。

トリは「皿屋敷」を全部やらせてもらいましたが、やっぱり半分だけよりこっちのほうが楽でしたな。けど楽しい会になったと思います。ご来場いただいたお客さま、ありがとうございました。来年もよろしく。……まだやってもらえるかどうか決まってませんが。

画像


お土産にいただいた宇治の茶団子です。我が家にあった抹茶オーレを添えてみました。茶団子といえば私の同級生も自分で作って売ってます。ちょっと宣伝しといたろ。平等院通り(平等院表参道)にありまして「稲房安兼(やすかね)」と言います。で、この写真のお店は……覚えてなかった。ちょっと包装紙を見に行ってきます。……宇治川餅本舗さんでした。

おーい、稲房。お前とこの茶団子は長いこと食べてへんけど、時々食べとうなるわ。また持ってきてや。

そうそう、「宿屋仇」がどんなストーリーなのか、「巴寝」が何なのか、ご存じない方に朗報です。ここでやります。「おい、またこの会かい」というお声もございましょうが……。

画像


その前にまず明日です。オープニングトークでは「米朝と枝雀」について語ろう……と、今、決めました。南天君、かまへんやろ?

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
宿屋仇に出てきた小兵の関取が捨衣ではなく、緋縅だったのは塩鯛さんの間違いですか?
皿屋敷にも緋縅が出てきましたが、こちらは図体がでかい設定でしたよね?(^^;
通りすがり
2014/05/25 16:12
そこのところはちゃんと聴いてなかったのですが、普通は坊主を辞めたので「捨衣」です。私もそう言うてます。
ジーやん
2014/06/02 12:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
リレー落語「宿屋仇」 じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる