じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 携帯電話よありがとう

<<   作成日時 : 2017/08/22 08:39   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

いつの頃からか世の中に携帯電話が現れて、世間を席捲しようとしていました。私は「あんなもん使う奴の気が知れん」て言うてましたね。

1995年の阪神大震災。家の電話が通じず、寒い公衆電話からあっちこっちへ電話していたことが懐かしい。それでも「あんなもん持ってる奴の気が知れん」言うてましたわ。

1996年。初めて人の携帯電話を借りて電話をかけたのがこの年だったと記憶します。

「市外局番から入れてくださいね」

と言われて、なんのこっちゃと思いました。京都市内に居て、なんで京都の市外局番「075」を付けないかんねん?

1997年。初めて米朝一門で南座の芝居へ出た年です。「海道一の男たち」という清水次郎長の芝居でした。噺家も若い連中からぼちぼち持ち出した頃でしたが、役者さんがみんな持ってるのに驚きました。特に若い女優さん。

ついに私も持つことを決意しました。というても女優さんに電話をするためと違いますよ。私が決意した理由は、こんなことがあったからです。

その頃も、あっちこっちで落語会の世話人やらせてもらってました。どこかの落語会へ行くために駅で待ち合わせをしたのですが、誰かが遅れるかもしれなかったんです。その時、その誰かに私はこう言いました。

「もし遅れたら、一緒に行く○○君が携帯電話を持ってるから、彼に電話してね」

言いながら、私はこう思いました。「携帯電話なんか持ってる奴の気が知れん」て言うてたこのオレが、携帯電話を当てにしてるやん。

宗旨替えが早いことで有名な桂米二です。すぐに携帯電話を買い求めました。そして今や2台持ち。家の電話なんてほとんど使わなくなってしまった今日この頃でございます。携帯電話を持たない奴の気が知れんね。

みんなが携帯電話を持つようになって世の中はずいぶん変わりました。公衆電話が激減しました。固定電話の数も減ったことでしょう。うちなんかFAX専用みたいになってます。そのFAXが今、故障中なんですから、何をか言わんやであります。

駅の伝言板が消えました。昔は駅に黒板があって書き込んでましたよね。遅れてくる人のために。

「××君へ。君を見捨てて先に行きます」

みたいなこと書いてました。幸い見捨てられたことはないですが……。

人との待ち合わせが一番変わったかもしれませんね。前もって何も決めなくてもいいのですから。誰かに会いたいと思ったら呼び出せます。その相手がどこに居るかわからなくても。

何か事件とか事故に巻き込まれた時に役立つのも携帯電話です。携帯電話で命が助かった人もたくさんいらっしゃることと思います。ほんと携帯電話様様ですね。もう大好き。ペロペロしたいくらい。

なのにあなたは何故鳴るの? 私の落語の時に。他の噺家がしゃべってる時には鳴らなくて、桂米二がしゃべっている時に何故鳴るの?

酔っぱらいの出てくる噺の時に鳴りました。こういう時はネタにします。また派手に鳴ったんです。酔っぱらったままで言いました。

「誰や、誰や? 携帯を鳴らしたんは? ちゃんと貼り紙がしてあるやろ。『携帯電話の電源はお切りください』て」

拍手喝采でしたね。鳴らした人は居てられへんかったかもしれませんが。私のほうは受けたんでそれで良しでした。

でも洒落にならない時もあるんです。またここ数年、そんなことが多いのです。一番悔しかったのが「景清」の時。しんみりとした人情噺です。京都の噺なので京都弁です。

「甚兵衛はん。私のことどっせ。あんたの何倍も思てますわいな」

主人公が泣きながら言う台詞。……どうしてこんな時に携帯鳴らすんですか? 繁昌亭夜席のお客さん。

よっぽど落語をやめて、客席へ下りて胸倉つかんでやろうかと思いましたで。最後までやり切りましたけどね。

繁昌亭では、2階席でしゃべり続けてた人もありました。

「今日、墓参りに行ってきたんや」

そんなこと今言わんでもええやん。1階席までまる聞こえでした。

それからしばらくして、楽屋で私は若い連中に提案しました。

米二「携帯鳴らした人から罰金取ろうと思う。あまりにもよく鳴るから、なんぼお客さんでも許せへんねん。金額はいくらぐらいにしたらええと思う?」

若手T「500円やったらどうですか?」

米二「500円では効果がないで。いっそのこと思い切って3万円ぐらいでどうや?」

若手T「……それやったら、鳴らしてもろたほうがええのと違いますか?」

米二「……そうやなあ。3万円やったら欲しいなあ」

かくして携帯鳴動罰金計画は取り潰しになったのでありました。

さあ、今夜は繁昌亭でその「景清」のリベンジです。

  ☆8月22日(火) 18:30 〜 (開場 18:00)
第23回京の噺家桂米二でございます@繁昌亭/(G)天満天神繁昌亭(椅子席)
 地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮」JR3出口 3分
「うなぎ屋」「景清」「住吉駕籠」米二 三席
「米揚げ笊」慶治朗  ゲスト「アーバン紙芝居」小春團治 糸:貴子
前売¥3,000 当日¥3,500 学生¥2,000 (25歳まで)
全席指定 ぴあ 0570-02-9999 Pコード 597-700 主催 TEL 06-6365-8281 米朝事務所
TEL 06-6352-4874 繁昌亭窓口  ◎丸留の高級果物が当たる抽選会有り
問&予 TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
後援:果物専門店 丸留(TEL06-6351-0901)
 半年に一度、天満天神繁昌亭での米二独演会も数えて23回目。
 今回のゲストは同学年、ほぼ同期、桂小春團治さんです。
 学生料金あります。ほとんどご利用はありませんが、続けております。
 なお学生割引は米朝事務所と桂米二予約センターのみの扱いとなります。
 チケットぴあ、コンビニ、繁昌亭窓口での取り扱いはございません。
 当日は必ず学生証をご持参ください。ひねた大学院生は一般料金です。
 Pコード(597-700)は天満天神繁昌亭の公演全部が対象です。
 8月22(火) 18:30開演をご指名ください。
後援:果物専門店 丸留

天満天神繁昌亭

天満天神繁昌亭地図

画像


でも今夜の会をその日の朝に告知しているようではダメですね。メルマガでもブログでもTwitterでもFacebookでもInstagramでもなんでも見たと言うてくれはったら、前売料金にいたします。当日料金を払わなくていいですよ。

写真は柳谷の観音さん、楊谷寺です。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした。
【質問】師匠はギャグにしていましたが、「米揚げ笊」と「住吉駕籠」は噺がつくことにはならないんですか?
通りすがり
2017/08/22 21:50
米相場がつきましたね。ま、そこは利用しないと。あざとい桂米二でございます。
じーやん
2017/09/04 07:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
携帯電話よありがとう じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる