アクセスカウンタ

<<  2017年10月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


NHK上方落語の会・本日放送あります

2017/10/20 06:25
画像


やっとこさ本日放送されます。選挙やとか、なんやかんやで初めの放送予定より2週間遅れました。

10月20日(金)午前11時5分〜45分
NHK上方落語の会 「はてなの茶碗」桂米二

収録したのは9月7日(木)でした。誕生日の次の日でした。60歳ほやほやで湯気が立ってるくらい。

http://www4.nhk.or.jp/P2851/

画像


落語一席の後、インタビューもあります。落語とはなんの関係もないエリック・クラプトンを熱く語りました。なんでやねん?

テレビ放送の時は、いつもの顔と違います。メークするから。メークさんが一生懸命やってくれはります。どのメークさんも一番力を入れはるのが私の眉毛です。というのは私、ほとんど眉毛がありません。薄いんです。頭もやけど。ほっといて。だから、必死で描いてくれはるんです。ついでに頭もやってくれたらええのに。

そんな顔を楽屋で自撮りしてみました。わかるかな? いつもより眉毛が長いんです。

画像


ということでよろしく。あ、関西ローカルですよ。具体的に言うと、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県です。つまり全国のほとんどの県では、他の番組をやってるちゅうこっちゃね。

例えば沖縄では「グレーテルのかまど・ミッフィーのバタークッキー」ですと。こっちのほうが面白そう……。
記事へナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0


還暦独演会前売券発売中!!

2017/10/19 15:40
画像


昨日は一日中、出かけていましたが、留守中にたくさんのメールをいただきました。12月18日(月)「桂米二還暦記念独演会@京都府立文化芸術会館」のご予約受付の初日やったんです。PCと携帯と合わせて何万通も……。(数字は大きいほど盛り上がります)

これから座席表とご希望のお席を振り分けまして、お返事のメールをいたします。もう少しお待ちくださいね。

皆さん、電話は控え目でメールにしていただいてありがとうございます。その心がけを忘れないでね〜! ご予約は電話よりメールが断然ありがたいのです。あ、LINEでも受け付けてますからね。(LINE ID hanashika_yoneji 桂米二予約センター)

昨日は笠置小学校の帰りにこんなところへ寄ってきました。ここは聖武天皇の時代、恭仁(くに)京があったところです。綺麗やけど、怖いでしょ?

画像
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


「人間国宝桂米朝」宮崎金次郎写真展

2017/10/17 18:25
画像


私の師匠、桂米朝の専属カメラマンというべき方がいらっしゃいました。あ、カメラマンは生きてはります。うちの師匠が亡くなってるので、つい過去形になってしまいましたが……。

その宮崎金次郎さんの写真展へ行ってきました。京都は河原町蛸薬師の三條サクラヤビル6Fの「ギャラリー古都」。なんか京都を代表するギャラリーみたいな名前ですなあ。

楽屋でのリラックスした顔もあれば、高座姿のきりっとした顔もあります。ついでに私が写っているのも。これは「桂米朝落語研究会@安井金比羅会館」の反省会(誰かがボロクソに怒られてる最中)の写真で、右端で黒っぽいセーター着ている若い男が私。その写真の前で宮崎さんと記念写真。

画像


高座姿の写真は演目が下に書いてありますが、その演目のどの部分なのか、宮崎さんの写真はそれがよくわかるのです。例えば「地獄八景亡者戯」なら、人呑鬼(じんどんき)の腹の中で亡者が悪さしてるところとか、「算段の平兵衛」なら、庄屋のおかみさんが平兵衛に算段を頼んでいるところとか……。生き生きしてます。うちの師匠の声が聞こえてくるようでした。

皆さんにも是非、観に行ってください……と、言いたいのですが、今日まででした。今時分、片づけてはりますわ。残念でした。

またどこかでやってくださいね。師匠に会いに行きます。

これは葬儀の時、参列してくださった皆さんにお配りした写真ですが、これも宮崎さんの写真です。くわえ煙草をする人は大嫌いですが、うちの師匠だけは許してしまいます。

画像
記事へナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1


丹波篠山の黒枝豆

2017/10/16 13:53
画像


今年も丹波篠山の黒い枝豆をいただきました。ありがたいことに毎年送っていただいております。けど最初はちょっとびっくりしましたで。大きな箱が二つも届いたので。

そんな訳でたっぷり過ぎるほどあります。茹でるのが大変。去年まではうちの家内がせっせとやってくれてたのですが、今年は拍子の悪いことに旅行中。帰ってくるまで待てません。それに、もう帰ってこないかもしれん……。

稽古の後、しびれが切れてフーフー言うて苦しんでる二豆にも手伝ってもらって作業を始めました。まず枝豆のさやを料理ばさみを使って枝から切り離します。これは別に難しくないです。アホでもできます。二豆でもできました。……べつに彼をアホやと言うてる訳ではございません。

この後がなかなか難物です。アホではできそうにないので、私がやることにしました。……べつに奴をアホやと言うてる訳ではございません。私よりずっと高学歴ですから。彼にはまだまだある切り離しの仕事をしてもらいましょう。

説明書によると、まず「水洗いをして塩を振ってこすり合わせてうぶ毛を取れ」としてあります。黒枝豆君は毛深かったのです。毛が薄くて眉毛もない私は羨ましい。

画像


ガシガシやってから、大きな鍋を二つ使って茹でます。塩をたっぷり入れて。水2リットルに対して塩が70グラムですと。5回に分けて茹でたので、塩がほぼ無くなってしもたがな。

さあ、この作業をずっと尻尾振りながら見ていたのが、愛犬ボックであります。君は去年の枝豆の味を覚えているのですね? めっちゃ美味かったことを。

このボックという犬は野菜が大好きです。白菜、小松菜、ブロッコリ、レタス等々。私が食べる時にいつもいつも欲しがります。こいつは野菜が世界一美味いと思ってます。それは肉も魚も食べたことがないから。可哀想ねえ……。あと食べるのはドッグフードだけ。肉を食べたら、美味過ぎて悶絶して死んでしまうんとちゃう?

画像


その普段食べてる野菜より枝豆のほうが、ずっと好きなのよね。この欲しがり方はいつもと違います。なるべく塩気のないところを食べさせたら大満足のようです。

お初はボックに取られましたが、大量に枝豆が出来上がりました。タッパーに分けて、そのほとんどを冷凍してからいただきました。……缶ビール3本も飲んでしもた。いつもは2本までと決めてるのに。

画像
記事へかわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1


還暦記念独演会・チラシにミスがありました

2017/10/07 08:36
なんとか記念と銘打つと、お客様はいつもより大勢来てくださいます。そんな訳で、去年は噺家生活40周年記念、今年は還暦記念と銘打っての独演会なんです。来年はどうしましょ?

今年は笑福亭鶴瓶兄さんにご出演をお願いしました。今まで、何度も私の会には出てくれてはりますし、鶴瓶兄さんのほうから「飛び入りで出してくれ」と頼まれて、出てもらったこともあります。これは「音太小屋寄席」での飛び入りの時に隠し撮りしたもの。

画像


鶴瓶兄さんが出てきはったら、どうしてあんなにお客は喜ぶんでしょ? ほんまに憎たらしいぐらい。ことにサプライズの時は凄いのなんの。あれはたしか「かねよ寄席」。その日のトリの歌之助君が終わった時、一言言いました。

「まだ帰らないでくださいね」

普通ならバレ太鼓(録音ですが)が流れるのですが、続いて出囃子が……。お客様はきょとんとして「まだ何かあるの?」という顔。そこへ満面笑みの鶴瓶兄さんが登場。拍手だけやなしに悲鳴のような歓声が……。その瞬間、それまでに私らがやってきたこと全てが消し飛ぶんです。「あれ? 米二さん出てはった?」てな具合で。

今度の独演会は初めから予告してますから、私が出てたことを忘れないでくださいね。三席しゃべるんですから。

  ☆12月18日(月) 18:30 〜 (開場 18:00)
桂米二還暦記念独演会/京都府立文化芸術会館ホール(椅子席)
 河原町通・市バス「府立医大病院前」すぐ
 京阪「出町柳」or「神宮丸太町」徒歩12分 有料P有
「向う付け」「けんげしゃ茶屋」「くしゃみ講釈」米二・三席 「つる」二葉
特別ゲスト「お楽しみ」鶴瓶  糸・貴子
前売・予約¥3,500 当日¥4,000
ユース¥2,000 (25歳以下・要年齢証明) 全席指定 10/18(水)前売・予約開始
TEL (G)075-222-1046 (G)府立文化芸術会館
問&予:TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp主催・お問い合せ TEL 06-6365-8281 米朝事務所(平日10〜18時)
 40周年記念の次は還暦記念。今回は笑福亭鶴瓶兄さんに無理を言いました。
 もう記念の落語会は当分やらないのでご安心をください。
 京都高島屋7階チケットカウンターでも前売券を販売します。
 この会も学生割引ではなくて、ユース割引(25歳以下)にしました。
 文芸会館友の会会員割引があります。会館へお問い合せください。
京都府立文化芸術会館

京都府立文化芸術会館地図

画像


なお、このチラシに一つミスがありました。前売券の発売日です。一般発売はチラシのように「10/18(水)」で間違いありませんが、京都府立文化芸術会館友の会会員の発売日が違ってます。「10/7(土)」ではなくて「10/17(火)」です。一般発売の前日なのです。

10月7日(土)というたら、今日ですがな。会員の皆さん、今日買いに行かないでくださいね。このようなミスがあったこと、ちゃんとチェックしているはずなのに気がつかなかったことを深くお詫びいたします。

ではもう一つおまけで鶴瓶兄さんの写真を。もうずいぶん前の「こころ坂・楽々落語会」の打ち上げで。手前はあの「ケメコの歌」の澤田好宏さんです。向こうのほうで銀瓶ちゃんが何か食べてる……。

画像
記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


鰻のお茶漬け

2017/10/03 08:35
画像


鰻のお茶漬け。「軒づけ」ですな。私も時々やる噺ですが、この噺をどこかで出すとお茶漬け鰻をくださる方がいらっしゃいます。先月、東京の内幸町ホールでこの噺をやりましたが、遠く離れた京都のお方が「東京まではよう行かんので」と一言添えてくれはったんです。嬉しいわぁ、ほんまに。もっとしょっちゅう「軒づけ」をやろうかしら?

実は、これを売っている「かね正(しょう)」というお店はうちの近所にあります。昔は「軒づけ」のネタを磨くためとか言いながら、買いに行きました。高いんでっせ。最近は「かねよ寄席」で人よりも頻繁に鰻を食べているせいか、あまり買いに行かなくなりました。また、こうして頂くこともあるので。

鰻は2匹分入ってました。高かったやろなあ。でも煮詰めているせいか、小さくなっています。これを刻んでご飯の上へ載せて、熱い煎茶をかけて、海苔とついでに大好きな塩鯖も入れてみました。もちろん山葵もてんこ盛り。

この鰻はそのまま食べると味が濃いです。お茶をかけて、たれの色がお茶に染み込んで、ちょうどいい味になるんです。これでまた「軒づけ」は自信たっぷりでできます。なんの自信や?

さて、明日は天満天神繁昌亭での「桂米二一門会」。今回から一門が一人増えたんです。この会を始めた頃は全くそんなことは考えてなくて、ずっと子弟3人体制で行くもんや、と思てたんです。それがまた、妙な男が弟子入りしてきたもんで……。

新弟子の二豆はトークだけです。入門して半年も経たんのに一席しゃべるのは10年早いわ。……もとい、10年も早くありません。言葉のあやです。次回は……本人次第ですな。

そうなると、この会で私が二席しゃべるのは今回が最後かもしれません。そんなこともあって、真夏の噺と大晦日の噺を並べてみました。だって、この会はいつも4月と10月で、夏と冬の噺はやる機会がないんやも〜ん。

「ブログ見た」の優しいお言葉で前売料金!!


  ☆10月4日(水) 18:30 〜 (開場 18:00)
第9回桂米二一門会@繁昌亭/(G)天満天神繁昌亭(椅子席)
 地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮」JR3出口 3分
「3年2組の高田くん」二葉 「遊山船」米二 「景清」二乗
「無礼講トーク」米二・二乗・二葉・二豆 「除夜の雪」米二 糸:正子
前売¥3,000 当日¥3,500 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥2,000 全席指定
問&予:TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
◎京都先斗町 茶香房 長竹(TEL075-213-4608)提供・抹茶大福抽選会有
主催・お問い合せ TEL 06-6365-8281 米朝事務所
TEL (G)06-6352-4874 繁昌亭窓口
 長竹の定休日に合わせて水曜日開催。恒例の抹茶大福抽選会あります。
 学生さんでもお勤めでもフリーターでも25歳以下はユース料金にいたしました。
 なおユース割引は米朝事務所と桂米二予約センターのみの扱いとなります。
食べログ・茶香房 長竹

天満天神繁昌亭

天満天神繁昌亭地図

画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2017年10月のブログ記事  >> 

トップへ

じーやんの拍子の悪い日々・桂米二 2017年10月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる