じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 究極の空間での落語会

<<   作成日時 : 2017/11/28 19:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

落語会に向いている会場と向いていない会場があります。今、私が世話役を務めている落語会の会場は、ほとんどが向いていると言っていいでしょう。恵まれてますわ、ありがたいことに。

その中でもピカ一、究極の空間での落語会がこの会です。ここよりいい会場は無いと私は思っております。ナンバー1でしょう。その会のタイトルは「こころ坂・楽々落語会」。交通の便も最高です。それにわかりやすい。京阪電車、七条駅を地下から地上へ上がって、少し東へ歩いたらすぐです。ファミリーマートの2階にある「集酉樂(しゅうゆうらく)サカタニ」。

なぜここが素晴らしいか。まず綺麗。数年前にリニューアルして、照明は全部LEDになったし、壁の白さも一段と磨きがかかりました。

安全になりました。以前は高座の真上に鉄の梁が通っていて、背の高い噺家が時々頭をぶつけてましたが、今はそれもなくなって、頭を怪我する恐怖感からも解放されました。

客席は80名程度。響きも良くて、喉の弱い私でも声がよく通ります。もちろんマイク無しで。お客様の笑い声も心地良く高座まで返ってきます。ここで受けなかったら、よっぽど噺家が下手なのです。私はここで数々の名演を残してきました。エヘン。……誰も言うてくれへんので、自分で言うてますが。

私の演目は、まだまだ自分のレパートリーにはなってくれそうにない「いらちの愛宕詣り」と、若い頃から時々やってる女郎買いの噺、「三枚起請」。

  ☆11月29日(水) 19:00 〜 (開場 18:30)
第48回こころ坂・楽々落語会/集酉楽Syu-Yu-Raku・サカタニ(椅子席)
 京阪「七条」川端七条東入南側・ファミリーマート2F
 (G)ファミリーマートサカタニ京阪七条店
「道具屋」二豆 「強情灸」ちょうば 「いらちの愛宕詣り」米二 「三枚起請」米二 糸:福
前売・予約¥2,000 当日¥2,500 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥500 協力:京都女子大学落語研究会
問&予:サカタニ(月曜定休) TEL (G)075-561-7974 FAX 075-561-6710
PCからのメール info@sosake.jp
または桂米二予約センター TEL 080-5338-7331(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 ここのホールは極上の空間で、少々下手な噺家でも上手に聞こえます。
集酉楽 Syu-Yu-Raku サカタニ

サカタニ地図

画像



続いて落語会に向いている会場での落語会、その中でもピカ一、究極の空間での落語会……。さっきもそんなこと言うてましたね。さっきの「こころ坂・楽々落語会」は京都での究極、この会は大阪での究極……と呼ぶことにしましょう。その名は「音太小屋寄席」。「ねたごや」と読んでくださいね。

残念ながら交通の便はさほど良くありませんが、そんなに悪くもありません。天六から徒歩5分としてますが、ほんまはもうちょっとかかるかもしれません。鯖読んでますな。それにわかりにくい。細い細い路地を入って行かんならん。行き過ぎないでね。

目印として私の幟が立ってます。この幟が曲者で、落語会はもう済んでるのに、その後も3日ほど立ってたことがあります。近所に住んでる米左君が「まだ立ってまっせ」ちゅうて教えてくれたことがありましたっけ。オーナーの哲さんが片づけるのを忘れてはったんです。

けどこの会場、私、好きです。まず汚い。この汚さがなんとも言えない郷愁を呼ぶのです。落ち着きます。ここなら、なんぼ汚しても怒られないという安心感。初めて来た人が「何ここ?」と思うこと請け合いです。

客席は60〜70名程度。高座と客席は凄く近いです。もちろんマイク無しで響き渡ります。ここでも私、数々の名演を……いや、少しだけ残してきました。でも私、ここが好きなんてす。何度も泊まったことがあるほどですから。

懇親会がありますし、お酒をいただきます。でもこの会はいつも車なんです。道具を積んで行ってるので。運転して帰れないので泊めてもらうのです。今回は運転手の二豆が居ますから、冷や冷やしながら帰りますけど。

演目が、これもレパートリーになかなかなってくれない「餅屋問答」と、若い頃からやってるけど体力的にしんどい「不動坊」ですかぁ。大丈夫かいな? たぶんこれを決めた時は体調が良かったんです。

  ☆12月3日(日) 14:00 〜 (開場 13:30)
第50回桂米二音太小屋寄席/天満・(G)音太小屋(2F・椅子、腰掛席)
 大阪市地下鉄・阪急「天神橋筋六丁目」東へ徒歩5分
「子ほめ」二豆 「餅屋問答」米二 「餅つき」米左 「不動坊」米二 糸:和女
予約・案内葉書持参¥2,500 当日¥3,000 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥500
問&予 TEL (G)06-6353-6985 FAX 06-6353-6984 音太小屋(日本会計用品内)
PCメール(音太小屋) tsmtz@yahoo.co.jp
または桂米二予約センター TEL 080-5338-7331(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 樋之口町交差点西南角から少し西の「米二幟」が目印。その超細い路地を入ってすぐ。
 終演後、参加料1,000円(1ドリンクと軽食付き)で懇親会あります。
 お代わりは別料金。いつも飲んでます。この日は音太小屋に泊まりません。
音太小屋

音太小屋地図

画像


言い忘れてましたが、私も還暦で、寄る年波ということで、老後に備えて今回から値上げさせていただきました。

以上、落語会として究極の空間を二つご紹介しました。ご予約お待ちしております。ギリギリまで行けるか行けないかわからない、けどなんとか行けるようになった方は、受付で「ブログで見た」とおっしゃってください。予約料金にさせていただきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
究極の空間での落語会 じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる