じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲスト春野恵子&ベテラン前座噺

<<   作成日時 : 2018/02/02 07:59   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

春野恵子さんがあの人気番組「電波少年」の「ケイコ先生」だったと知った時は驚きました。あの才色兼備、東大卒の美人が春野恵子さんなんや……とまでは思いませんでしたけど。「電波少年」をちゃんと見てなかったから。ただ家の者が見ていたのをチラッと横目で見た程度ですね。なんとなく東大卒の美人ということだけはインプットされてました。

浪曲師となった春野恵子さんと顔を合わせるようになったのは、天満天神繁昌亭ができてからです。昼席の色物の枠で、それも15分という短い時間で、よくあれだけの浪花節ができるなあと思いましたよ。最近では繁昌亭のお客に浪曲のレクチャーまでしてはります。感心。

楽屋でのマナーがこれまた素晴らしい。あんなに丁寧な「おはようございます」はちょっとないですよ。美しい人にここまでしてもらうと、それだけで一日が幸せになります。浪曲界にはこんな綺麗な女性が居るのに、なんで上方落語界には居てないねん! ……あ、今の発言は不適切でした。撤回いたします。

そんなご縁で時々、私の落語会にも出てもらってます。京都の独演会にも出てもらったことがあります。またお願いしましょうか。リハの時の写真がありました。内緒でご覧に入れます。曲師は一風亭初月(はづき)さん。

画像


久しぶりに落語会へのご出演をお願いしました。15分ではなくてたっぷりやってもらいますよ。他に文三、たま、小鯛と素敵なメンバーが揃いました。ご予約まだまだ受付中!!


  ☆2月5日(月) 18:30 〜 (開場 18:00)
第3回グランフロント大阪・うめきた落語会/うめきたSHIPホール(椅子席)
 JR大阪駅北・グランフロント大阪うめきた広場
 〒530-0011 (G)大阪府大阪市北区大深町4-1
 (G)うめきたSHIPホール
「ちりとてちん」小鯛 「崇禅寺馬場」たま 「稽古屋」文三
「浪曲」春野恵子 曲師・一風亭初月 「住吉駕籠」米二 糸:益子
前売・予約¥3,000 当日¥3,500
ユース(25歳以下・要年齢証明)¥1,000
主催:うめきた落語会実行委員会  協力:GG倶楽部
特別協力:グランフロント大阪TMO
問&予:事務局 TEL 090-3865-5106(高橋・留守電の場合有)
または桂米二予約センター TEL 080-5338-7331(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 グランフロント大阪に隣接するうめきたSHIPホールでの落語会。
 JR大阪駅から一番近い落語会です。たぶん。
グランフロント大阪

うめきたSHIPホール

うめきたSHIPホール地図

画像



面白い企画はないかなあ、とは思うのですが、私はこういうアイデアに乏しい男でございます。感心するのは桂九雀さん。私が世話役の「上方落語勉強会@京都府立文化芸術会館3F和室」で「お題の名づけ親はあなたです」というコーナーがあります。初演の新作落語のタイトルを、その落語を聴いてから、お客様に付けてもらうのです。上手いなあ。作者(小佐田&くまざわ先生)もその分、手抜き……もとい、作品の質の向上に努めることができます。

そしてもう一つ感心したのが、この「ベテラン前座噺の会」。考えたのは桂小春團治さん。出演資格は芸歴30年以上。ベテランが前座噺、旅ネタなどの軽い噺をやるという企画。ええなあ、こんなん。

昔、うちの師匠が時々「つる」をやっていましたが、これが最高に面白かった。「つる」てこんな面白い噺やったんやと再認識いたしました。「阿弥陀池」も抜群に面白かった。

ずいぶん前、神戸で「酒鬼薔薇事件」という14歳の少年による事件がありました。その新聞記事を読んでいたうちの師匠がこんなことを言いました。

「首を切るやなんて、こんな恐ろしい事件があったら、落語の『阿弥陀池』なんかでけへんがな」

と言うてそのまま高座へ上がり「阿弥陀池」をやり始めたことがありましたっけ。あんたのほうが恐ろしい……とは誰も言いませんでしたが。

その恐ろしい「阿弥陀池」をやらせてもらいます。この会は私が世話役ではありませんが、どんな席でもよかったらチケットお取りいたします。


  2月7日(水) 18:30 〜 (開場 18:00)
第6回ベテラン前座噺の会/(G)天満天神繁昌亭(椅子席)
 地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮」JR3出口 3分
「隣の桜」うさぎ 「池田の猪買い」小春團治 「阿弥陀池」米二
「本膳」枝鶴 「小倉船」小枝 糸:益子
前売¥2,500 当日¥3,000 全席指定
問:TEL 06-4305-3523 NPO法人国際落語振興会
 いつの間にかベテランとか、師匠と呼ばれても抵抗がなくなりました。
 昔は師匠と呼ばれるのを凄く嫌がってましたけどね。
 この日の出演者、枝鶴、米二、小春團治は同学年(60歳)ですなあ。
 Pコード(597-700)は天満天神繁昌亭の公演全部が対象です。
 2月7日(水)18:30開演をご指名ください。
 桂米二予約センターでもチケットお取りします。
小春日和

天満天神繁昌亭

天満天神繁昌亭地図

画像



出演順は当日、くじ引きで決めるそうです。前座噺とはいいながら、結構大ネタ出てるやんか……。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ゲスト春野恵子&ベテラン前座噺 じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる