アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「相撲」のブログ記事

みんなの「相撲」ブログ


大相撲春場所

2017/03/13 06:33
「勝ち越し亭@天満天神繁昌亭」「大津みゆき落語会@奏美ホール」と印象的な落語会が終わりました。ご来場いただいたお客様、ありがとうございました。ご来場いただけなかった他の方、残念でした。

「勝ち越し亭」では噺家も土俵入りをさせてもらいました。さすがにまわしは締めてませんが……。

打ち上げは繁昌亭の近所の中華料理「會元樓」さんで。食べ放題メニューに大砂嵐関はじめ力士を5人も連れて行ったので、お店は戦々恐々。どれだけ食べるねんと。けど噺家も食べまっせ。大嶽親方夫妻と初めて写真を撮りました。

画像


「大津みゆき落語会」は奏美ホールでは次回から会場が変わるので、ここでは最後でした。満席になりましたが、当日来られた方もなんとか入っていただけてホッとしました。「かわり目」ではいつもよりパワーアップ(サービス)して酔っぱらっちゃったからね。

画像


さて、昨日から始まった大相撲春場所。いきなり横綱白鵬が負ける荒れた春場所となりましたね。

今日は朝からゆっくり見せてもらいます。噺家5人&大嶽部屋大阪後援会会長の山田社長と一緒です。朝から見るのは数人だけですが……。

ここでクイズ。噺家は5人で行きます。そのメンバーは誰々でしょうか? あ、「勝ち越し亭」で答えを言うたようなもんですな。

間違いなくテレビに映る場所に我々は座るそうです。探してください。普段、テレビに出ない我々を。

今日はNHKで国会中継があるので、BSと地デジとごちゃ混ぜの放送みたいですね。ま、しっかり応援してきますわ。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


勝ち越し亭

2017/03/09 13:09
遅くなりましたが、5日(日)の大嶽部屋激励会の様子をご紹介しましょう。場所は中華料理で有名な某大成閣。

画像


まず力士達が立礼で迎えてくれました。そういうと、私もこういう風に立礼で迎えたことがありました。2年前のうちの師匠の葬儀。……一緒にするべきものではありませんが、ふと思い出してしまいました。

仲間の噺家も何人か来るとは聞いてましたが、6人も来てるとは思わなんだ。私の他に三喬、銀瓶、ひろば、佐ん吉、慶治朗。

200名以上が集まったところで、我々噺家もお世話になってる大嶽部屋大阪後援会「大竜会」会長、山田社長と大嶽親方の挨拶、力士勢揃いでひとしきり盛り上がったところで乾杯となりました。

乾杯の発声が不肖、桂米二でした。「なんで?」と思たけど、ま、しゃべることを断ったら噺家(来てた噺家の中では私が一番古い)ではないので、しゃべらせてもらいました。何をしゃべったかについては主にこんなことでした。

http://jeeyan.at.webry.info/201303/index.html

画像


せんどしゃべってから「乾杯!!」。珍しい私のスーツ姿をご覧いただけましたか?

画像


しばらくして笑福亭三喬君の獅子舞。噺家の余芸とは思えない本格派。

画像


そして去年、入門したばかりの若い望月君が初めて丁髷を結う儀式がありました。有志がでこぴんをして祝儀を送りました。そんな習慣があったのですね。

画像


最後は銀ちゃんのお友達でもあるオオザカレンヂkeisukeさんが歌で盛り上げてくれました。みんな大騒ぎのうちお開きに。

この日はいろんなところでいろんな部屋の激励会があったようですが、たぶん一番面白かったと思いますわ。他は見てへんからわからへんけど、たぶんね。それにしても、この日集まった連中は、噺家もミュージシャンもお相撲さんもみんな仲がよろしい。力士の皆さん、勝ち越してや!

そんな願いで落語会にも名前がつきました。「勝ち越し亭」。ええ名前ですな。名づけ親は笑福亭三喬君であります。今夜、お待ちしております。

画像
記事へ面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3


大嶽部屋激励落語会

2017/03/04 11:41
今年も大嶽部屋の稽古を見学してきました。一昨日2日のことです。ちょうど1年前、去年の春場所の前に稽古を見せてもらって、11月の九州場所の前に見せてもらったので、稽古見学は3回目です。やっぱり落語の稽古とは違い過ぎる。当たり前やけど。

まだ今場所の稽古は始まったばかりなので、初日直前の稽古に比べたら軽いらしいですが、なんのなんの。目の前であの大きな体と体がぶつかる音は凄いですよ。時々、頭と頭もゴチンとぶつかってます。……痛そう。でも誰も「痛い」なんて言いません。砂だらけになっても食らいついて行く闘志には、いつもながら恐れ入ってしまいます。

画像

画像


稽古場の写真は激しい稽古が済んで、四股を踏んでいるところです。クールダウンですね。

画像


そんなガチンコの稽古の後は穏やかにちゃんこをいただきました。去年、大嶽親方に聞いたことを繰り返します。

「ちゃん(父)と子どもが一緒になって食べるから、ちゃんこと言うのです」

我々噺家の子弟関係と通じるものがあります。私らはいつもそこに「酒」が付いてますが……。

ちゃんこになると稽古の雰囲気とはがらっと変わって、ずっとみんな笑ってます。お相撲さんの白い歯も素敵です。大きな手でビールをついでくれはります。ビールもちゃんこも美味しくいただきました。

画像


そんな大嶽部屋を我々噺家ごときが激励するなんておこがましいのですが、繁昌亭で激励落語会をやります。

  ☆3月9日(木) 18:30 〜 (開場 18:00)
勝ち越し亭〜大相撲春場所・大嶽部屋激励落語会〜/(G)天満天神繁昌亭(椅子席)
 地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮」JR3出口 3分
演目当日 佐ん吉 ひろば 三喬 銀瓶 米二 力士参加も有り!?  糸:律子
前売・予約¥3,000 当日¥3,500 大学・高校生¥2,500 小中学生¥2,000
全席指定 好評発売&予約受付中!!
ぴあ 0570-02-9999 Pコード 597-700 TEL (G)06-6352-4874 繁昌亭窓口
問&予 TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 11月に九州部屋の大嶽部屋応援落語会を福岡でやりました。
 これを繁昌亭でやらない手はありません。
 Pコード(597-700)は天満天神繁昌亭の公演全部が対象です。
 3月9日(木)6:00PMをご指名ください。
大鵬道場大嶽部屋

天満天神繁昌亭

天満天神繁昌亭地図

画像


1階席のチケットがまだ少し手元にあります。お気軽にメールをくださいね。

さ〜て、大砂嵐関は大喜利に参加するのか? お相撲さんが大喜利に出ること自体珍しいのに、しかもエジプト人!

そうそう、またそのうちに東京でもやりすよ。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


大嶽部屋応援落語会@志賀島

2016/11/12 09:20
画像


大相撲大阪場所が終わってしばらく経ったある日、飲んでる席でした。メンバーは私の他に三喬、銀瓶、ひろば、佐ん吉の5人(敬称略。入門順)に大嶽部屋大阪後援会長のY社長(山田さんといいます)。その席で私が言いました。

「11月に5人で福岡へ行って、九州場所でも大嶽部屋応援落語会をやらへんか」

3月の大阪場所では大嶽部屋の稽古場がある神社で、土俵の上に高座を作って応援落語会をやってるんですよ。私と三喬君抜きで。この二人はギャラが高いから(そんなことないです。私は)と言うて。私、ちょっと悔しかったんです。だから言いました。

「そんなことできるかい。みんなのスケジュールを合わせるのは大変や。第一、交通費はどうするねん?」

みんな、口に出しては言わへんけど、顔はそう言うてます。

「新幹線は高いけど、うちの車で行ったら安いで」

うちのステップワゴンは8人乗りやもんね。あとはスケジュールだけ。全員は無理でも行ける者だけで行ったらええやん。で、大嶽部屋の宿舎はどこにあるねん? Y社長曰く、
宿舎と稽古場は志賀島(しかのしま)にあって、本場所が始まったらお相撲さんは宿舎から船に乗って場所入りするそうです。

「どんなとこやねん?」

志賀島で思い出しました。学校で習いましたがな。漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)の金印が発見された島です。島と名が付いてますが、砂州で繋がってるので車で行けます。みんなも行く気になってきました。

Y社長が大嶽親方に下話をしてくださって、銀瓶君がスケジュールの調整をしてくれて、「大嶽部屋九州場所応援落語会」は11月7日(月)の夜と決まりました。5人のうち何人が行けるやろと思たら、全員行けたんです。みんな暇やったんやね。しかも佐ん吉君は「博多天神落語まつり」で前日も福岡に居てると言うやないですか。

11月7日(月)の朝7時、武庫之荘駅に佐ん吉を除く4人が集合しました。私はもちろん愛車で。座布団、見台等、道具も積み込んであります。宝塚インターチェンジから中国自動車道へ入り、山陽自動車道を通って、九州は福岡の一つ手前、古賀インターチェンジで出ました。JR新宮中央駅に桂佐ん吉が落ちてたんで拾い上げて志賀島へ。午後3時頃到着。休憩、食事も入れて8時間かかりました。

いろんな話をしましたねえ。一門が違うと話題が豊富ですわ。あることないことべちゃくちゃ、べちゃくちゃ……。佐ん吉君が乗り込んでから、一ぺんに下ネタになったんはどういうこと?

画像


志賀島は自然に包まれて美しい島です。海水浴場ももちろんあります。この寒いのに大砂嵐関は海で泳いだんやそうですよ。びっくりやね。

画像


落語会(今回は入場無料にしました)の会場は弘集会所という公民館のようなところ。大嶽部屋の皆さん、地元の人達のご協力で見事な高座が出来上がり、みんな一席ずつしゃべり、お相撲さんも入っての大喜利も付けました。ここでは森麗(もりうらら)関が笑わせてくれましたねえ。落語会は大盛り上がりになりました。

画像


終演後は楽しみにしていた打ち上げ。地元の海の幸はふんだんにあるわ、打ちたての猪の肉まであって、みんなと遅くまでわいわい、がやがや。お腹一杯になってお開きに。

画像


我々噺家もお相撲さんと一緒に寝ました。いびきの合唱が凄かった。ひろば君が夜中にいびきで目が覚めたというくらい。自分もいびきをかく癖に。ま、私も負けてませんが。

画像


夜が明けると一転、早朝から相撲の稽古が始まりました。もうピリピリしてます。けど時々、森麗関がなごませてくれます。そういうキャラなんですね。写真は大嶽部屋HPから拝借しました。

画像


お昼ご飯もお腹一杯いただいて、休暇村の温泉にも入って、名残惜しいのですが、午後1時に志賀島を出発。午後9時に武庫之荘駅到着。本当にお疲れ様でした。けど、めっちゃ楽しかったねえ。

画像


今回は様子がわからないので前もって発表しませんでした。地元の人達だけの落語会になりましたが、来年からはスケジュールを発表して誰でも来てもらえるような会にしますからね。そうそう、その前に3月9日(木)の夜、天満天神繁昌亭で「大嶽部屋大阪場所応援落語会」をやります。

さあ、明日から九州場所が始まります。皆さん、大嶽部屋の応援よろしく。大砂嵐関、それからみんなもがんばってや!!

画像
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1


大嶽部屋

2016/04/25 14:25
毎年、大相撲春場所は笑福亭銀瓶君のお客様の山田社長に連れて行っていただいております。笑福亭三喬君も一緒です。ほら、こんなふうに。

画像


あれ、山田さんは写ってへんね。

この山田さんの同級生が大嶽親方。あの名横綱大鵬さんのお弟子さんです。そんなご縁で一度、親方とも食事をさせてもらったことがありました。その時の様子はこの通り。3年前ですな。噺家3人が親方を困らせたのです。

http://jeeyan.at.webry.info/201303/

だんだんとご縁が深くなって、今年は大嶽部屋の稽古から見学させてもらいました。春場所初日の3日前、3月10日のこと。初日目前ということで、それはそれは激しい稽古でした。

画像
画像


よく相撲の噺のマクラで噺家が言うてますね。相撲の稽古がどれだけ激しいかというあれです。

「ヨイショーッ」とぶつかって行くと、兄弟子がゴロッと転がす。体中砂だらけ。それぐらいなんでもない。砂を手で払うて、また「ヨイショーッ」。ドーンとぶつかって鼻血がタラタラーッ。それぐらいなんでもない。チーンと手鼻をかんどいて、また「ヨイショーッ」。張り手でバシーッ。目の玉がポロッと飛び出す。それぐらいなんでもない。目の玉に付いた砂を払うて押し込むと、また「ヨイショーッ」。……そんなアホなことはございませんが。

本当の相撲の稽古がどんなものかと言うと、目の玉が飛び出すことがないだけ……と言うてもいいくらい激しいものでした。

新屋敷関というまだ18歳のお相撲さん。身長は169センチしかないのですが、根性が凄い。兄弟子に投げ飛ばされては食らいついていく。また投げ飛ばされては食らいついていく。これを何度も何度も繰り返すのです。全身砂だらけ。体に砂が付いてないところはないぐらい。

この姿を見て私、涙がこぼれましたよ。うちの弟子も見習えと。ま、うちの二葉は落語が覚えられなくてよく泣いてましたが……。

稽古の後はちゃんこもいただきました。「ちゃんこ」とは親方曰く「ちゃん」と「子」、つまり「父親=親方」と「子ども=弟子」が一緒に食べるところに由来するそうです。これって、なかなかええやないですか。

画像


三月の大阪場所でエジプト出身の大砂嵐関は十両優勝いたしました。おめでとうございます。前頭筆頭まで上がったことがある大砂嵐関ですが、怪我で十両筆頭だったのです。五月場所では前頭七枚目。まだまだ上がっていってくれることでしょう。

大阪お疲れさん会で関取と一緒にてっちりをいただいたことはTwitterで報告したとおりです。福島の「あじ平」というお店ですが、ここのオーナーは山田さんなのです。

画像


ちなみに大砂嵐関に「ぽん酢は好き?」と訊いたら「大好き」と言うてたことをご報告いたします。

画像


その大嶽部屋の皆さんが一昨日の「京の噺家桂米二でございます@深川江戸資料館」へ来てくれはりました。さすがに大砂嵐関は来なかったですが、客席にお相撲さんが大勢座ってるというのはなかなか壮観でしたね。

深川江戸資料館には横綱大鵬顕彰コーナーがありまして、そこでちょっとこんな写真を撮ってまいりました。大鵬さんはこの近くに住んでおられたのですね。大鵬道場大嶽部屋ももちろんすぐ近く。みんな歩いて来てくれはったのです。

画像


我々噺家、私と銀瓶君に三喬君、若手ではひろば、佐ん吉という二人が加わって、来年春場所の前に大嶽部屋応援落語会を開催することが決まっております。その前にいっそのこと秋の九州場所も応援に行こうやないかという話も持ち上がっております。(めっちゃ魚が美味いという噂もありまして)

これからもどんどん大嶽部屋を応援していきます。皆さんも応援してくださいね。でも今のところ、落語会へ大勢で来てもらって、どうやら私が応援されているようでございます。
記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「相撲」ブログ

じーやんの拍子の悪い日々・桂米二 相撲のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる