大井町

昨日、東京まで来るのに新幹線の予約切符を受け取ろうとして、京都駅地下のみどりの窓口へ行ったところ、ないんです、みどりの窓口が。場所を間違えたかと思ってよく見ると「営業終了」のポスターが……。

画像


自販機でも受け取れるのですが、特急券はすんなり発行されても、別に買う乗車券に手間取るんです。みどりの窓口なら「東京都区内までの乗車券」の一言で済むのですが、自販機はまず新幹線に乗ることから選択して、どの駅(昨日の場合、京都)から乗って、どの駅(同じく品川)で降りるか選択して、そのあとまだ乗り換える路線は「新幹線ですか?」と訊いてくる。在来線を選択して降りる駅(同じく大井町)を指定。それで代金を払います。

それだけの手間をかけて出てきた切符は「京都市内→東京都区内」なんですよ。「大井町」の文字はどこにもない。その手間が嫌なので、たいていみどりの窓口へ行ってたわけです。それが営業終了やなんて。あそこは京都駅構内でも穴場であまり並ばなくてもよかった。空いてたんです。……そやさかい閉めたんか。

東京は昨日も豪雨が降ったらしいですが、私は遭遇しませんでした。ありがたいことです。落語会の開演前、毎日新聞の取材を受けまして、私が全面的(体力)協力した創元社の「米朝落語全集」についてしゃべらせてもらいました。これは芸能欄ではなくて日曜日の書評欄に載るそうです。「著者に聞く」みたいな感じで。わたしゃ著者とはちょっと違うんですが……。

そして「第28回京の噺家桂米二でございます@内幸町ホール」。もうここはホームグラウンドやね。お馴染みのお客さまも多いし、客席は大阪弁が飛びかってます。関西出身の方が多いのです。

で、打ち上げはいつものガード下。開放感ゆえたくさんいただきました。そのあとは定宿の近くで恒例になっている陛下こと松下武史さん(今、劇団四季ウィキッドのオズの魔法使い陛下です)と午前2時まで。芸談は尽きることがありませんでした。

画像


松下武史さんは私と劇団四季を結び付けてくれた方ですが、私、「美女と野獣」を初めて観た後に言ったことがあります。

「感動しました。本当によかった。ウルウルしながら観てました。ミュージカルってすごいですね」

その時、松下さんはこんなことをおっしゃいました。

「米二さん、あなたはそれを一人でやってるじゃないの。うちは大勢でお客に感動を与えてる。でもあなたは、それをたった一人でやってのけてる。凄いじゃないの」

これは私に対する、そして落語に対する最大の誉め言葉ですね。それからこの方とお付き合いが始まりました。そして、その「美女と野獣」をこの大井町の四季劇場[夏]で観ている時に東日本大震災に遭遇。交通機関がストップして、予約していた新宿のホテルへ行けなくて、結果的にこの町にずいぶんお世話になりました。それからずっと私は大井町のホテルを定宿にしました。ええとこでっせ。

震災の時もお世話になったイトーヨーカドー。ここでいつも買うのが、にしんの塩焼。一昨日、京都六地蔵のイトーヨーカドーで探したらなかったんです。大井町ならと探しましたが、昨日はなかったんです。やっぱり時期的なものがあるのかしら? 残念。

画像


画像


そして昨日買ったのは、さんまの塩焼。今朝、完食しました。気持ちのいい朝です。天気も快晴。今日は「赤毛のアン」を観て帰ります。大井町、ありがとう。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

初代杢兵衛
2014年09月13日 07:45
確かに空いてて使いやすい店は閉店しやすいようで・・・
ちりとてちん
2014年09月15日 19:28
何も無いから、何でも出せる。
それが、落語やと思います。
通りすがり
2014年09月16日 00:45
毎日に載るのはいつなんでしょうね?
14日のには載っていないようです。