「人間国宝桂米朝」宮崎金次郎写真展

画像


私の師匠、桂米朝の専属カメラマンというべき方がいらっしゃいました。あ、カメラマンは生きてはります。うちの師匠が亡くなってるので、つい過去形になってしまいましたが……。

その宮崎金次郎さんの写真展へ行ってきました。京都は河原町蛸薬師の三條サクラヤビル6Fの「ギャラリー古都」。なんか京都を代表するギャラリーみたいな名前ですなあ。

楽屋でのリラックスした顔もあれば、高座姿のきりっとした顔もあります。ついでに私が写っているのも。これは「桂米朝落語研究会@安井金比羅会館」の反省会(誰かがボロクソに怒られてる最中)の写真で、右端で黒っぽいセーター着ている若い男が私。その写真の前で宮崎さんと記念写真。

画像


高座姿の写真は演目が下に書いてありますが、その演目のどの部分なのか、宮崎さんの写真はそれがよくわかるのです。例えば「地獄八景亡者戯」なら、人呑鬼(じんどんき)の腹の中で亡者が悪さしてるところとか、「算段の平兵衛」なら、庄屋のおかみさんが平兵衛に算段を頼んでいるところとか……。生き生きしてます。うちの師匠の声が聞こえてくるようでした。

皆さんにも是非、観に行ってください……と、言いたいのですが、今日まででした。今時分、片づけてはりますわ。残念でした。

またどこかでやってくださいね。師匠に会いに行きます。

これは葬儀の時、参列してくださった皆さんにお配りした写真ですが、これも宮崎さんの写真です。くわえ煙草をする人は大嫌いですが、うちの師匠だけは許してしまいます。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ちりとてちん
2017年10月20日 20:19
んもう、こういうことは、早よ教えてくださいよぉ~。(泣