じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS エリック・クラプトン〜12小節の人生〜

<<   作成日時 : 2018/11/26 12:14   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


映画「エリック・クラプトン〜12小節の人生〜」を観てきました。10代の頃、落語の次に好きになったのが、エリック・クラプトン。順番が逆で、先にクラプトンを好きになってたら、もしかして?

http://ericclaptonmovie.jp/

この映画は伝記的なドキュメンタリーで、すべて本当のことなんでしょう。無茶苦茶やん、このおっさん。

無茶をやってきたことは知ってましたが、ここまで酷いとは思わなんだ。薬にアルコールに女……。アルコールに関しては人のことあんまり言えませんが……。でもこんなこと言うてはりますもん。

「自殺しなかったのは、酒が飲めなくなるからだ」

そして、こんなことも。

「音楽が僕を救った」

言うてみたいね、私も。

「落語が僕を救った」

と。私の場合は、ちょいちょい足をすくわれてますが……。

でも、酷い生き方です。アルコールを絶って、家族ができて、真人間になったということでなんでしょうね。

以前はこの人のように生きたいと思ってましたが、今は思いません。幼い頃、母に拒絶され、父親になったら息子が4歳で転落死する人生なんて。それでも今は幸せと言い切れるのは、ポジティブな生き方をしてきたからなのかなあ。

映画の中のエリック・クラプトンは酷い人です。でもこれを観たからといって、クラプトンを嫌いになる人はいないでしょう。持って生まれた人なんですよ、この人は。

あ、私、もう一人持って生まれた人を知ってます。桂米朝という人です。この人も酒飲みでした。

それはともかく、改めてエリック・クラプトンが残してくれた音楽を全部、聴き直してみたいと思いました。持ってるから。

画像


つい先日、ニューアルバムが出ました。なんとクリスマス・アルバム。クリスマスと聞いた時、ソフト路線かと思ったのですが、なんのなんの骨太でした。ロックして、ブルースしてます。因みに映画のタイトルの「12小節」とはブルースのことです。

嬉しいことにクラプトンは日本贔屓で、今までこの日本で211回のコンサートを開いています。そのうち私は56回観てます。最高のものも、最悪のものも。最悪はアルコール依存症の時ね。でも観続けてきて、聴き続けてきて良かったと、心底思います。

たぶん、また来年は日本公演があると思います。前回からもう大阪には来てくれなくなったけど、武道館へ行きますね。

映画はシニア料金で安かったけど、売店でいろんなものを売っていて、かなりの散財してしまいました。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エリック・クラプトン〜12小節の人生〜 じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる