平成から令和へ

平成最後にした仕事は落語ではなくて審査員でした。上方落語協会若手公演委員会がプロデュースしている「若手噺家グランプリ2019」の予選の審査員でした。毎回9人の若手噺家の落語を聴いて点数をつけていきます。それが4回。全部で36人を聴いて、決勝へ残る9人を選びました。

画像


それがなんとか済んでホッとしてたら、疲れが出たんでしょう。風邪を引いてしまいました。それが、平成最後にあったこと。

ちなみに「若手噺家グランプリ」の決勝は6月24日(月)の夜、心斎橋大丸劇場で開かれます。その記者会見が13日(月)にあるので、その時に詳細が発表されます。チケット発売日等もそこでお知らせいたします。

令和になって、最初の買い物はポータブル音楽プレーヤー(私は落語も聴きます)、要するにウォークマンのイヤホンでした。最近、スピーカーはBluetoothを使い始めたので、イヤホンもBluetoothが欲しくなったのです。コードがなくなるのは快適ですが、いちいちイヤホンを充電せんならんのですね。

それにケースが要ります。適当な物はないかと三条京阪にある100円ショップへ自転車で乗り付けました。自転車を適当に置いて、地下の100円ショップへ。手ごろな物がありましたがな。これはカードケースと書いてましたが、イヤホンにもちょうどです。

画像


15分ほどで上がってきたら……自転車が見当たりません。地べたを見たら、撤去しました云々の貼り紙が……。桂米二は絵に描いたような拍子の悪い男です。15分でも撤去されます。2,300円を持って三条千本保管所へ取りに来いとしてありました。何かい、108円の買い物して、2,300円も払わんといかんのんかい!

数日後、地下鉄東西線に乗って三条千本保管所へやってきました。2,300円以外に地下鉄の運賃260円が加算されました。

画像


入口まで来て気がつきました。自転車の鍵を忘れた!! さらに520円の加算です。

お金と時間の無駄遣いをして自転車を引き取ってきましたが、私の令和の時代を象徴しているような出来事でございました。さて、イヤホンのケースを買うのに全部でくらかかったでしょうか? アホらしいて計算する気にもならないうちに一日が終わりました。

画像


さて来週、笑福亭銀瓶君と初めての「ふたり会」です。気合い入れて皆さんをお待ちしております。

  ☆5月14日(火) 18:30 ~ (開場 18:00)
第1回米二・銀瓶ふたり会/(G)天満天神繁昌亭(椅子席)
 Osaka Metro地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮」7号出口・徒歩3分
「開口一番」二豆「一文笛」他一席 銀瓶 「口入屋」他一席 米二 トーク有 糸:公美子
前売・予約¥3,000 当日¥3,500 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥2,000 全席指定
発売中!! チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード 597-700 TEL (G)06-6352-4874 繁昌亭窓口
問&予:TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 公私ともに仲の良い銀瓶ちゃんとふたり会を始めます。
 どんな落語会になるか私も楽しみです。最初は探り合いになるかな?
 Pコード(597-700)は天満天神繁昌亭の公演全部が対象です。
 5月14日(火)6:30PMをご指名ください。
 25歳以下(要年齢証明)のユース料金チケットは桂米二予約センターまで。
 6月1日からリニューアル工事に入る繁昌亭ですが、リニューアル前最後の出演です。
笑福亭銀瓶の出演情報

天満天神繁昌亭

天満天神繁昌亭地図

画像

この記事へのコメント