NHKテレビ・びわ湖浜大津寄席・新宿末廣亭

8_IMG_0936 枝雀サイン入扇子 2.JPG

今日のテレビ出演と落語会のご案内です。


★─☆。o゜。★─☆。o゜。★─☆。o゜。★─☆。o゜。★─☆。o゜。★─☆。o゜。★


数年前、突如現れたあの携帯用扇風機。猛暑日が連日続くような暑い日はあれが一番やそうです。でもまだ私は使うたことございません。欲しいと思たこともない。なんでかと言うと、私は扇子を持ってるから。

噺家が特殊で変わり者なので扇子を持ってる訳ではありません。昔の人はごく普通に扇子を持ってました。それにハンカチではなく手拭。もちろん洋服ではなくて和服、つまり着物です。これって噺家の衣装と同じなんです。

昔は噺家もお客も同じ姿をしていたのです。舞台へ上がるのでちょっとええ物を着ていたかもしれませんが。いや、その逆も居たでしょう。その時代、落語は大衆芸能でした。洋服の時代になって、落語は大衆芸能ではなく古典芸能になったのです。

扇子。噺家にとってはなくてはならないものです。ほかにも能、狂言、日本舞踊など扇子がなければ成立しない芸能はたくさんあります。いくら普及しても、あの扇風機を持って落語をする訳にはいかんのです。

NHK総合の「京コトはじめ」という番組に出演します。本日10日(金)午後2時5分からの45分番組です。ちょっとだけ出るのかと思たら、最初から最後までです。テーマが「京の扇子」ですから、扇子のことならなんでも知ってる私が指名されたんでしょう。いや、ほんまは何も扇子のこと知らんけど。

落語の中で扇子がどういうふうに使われるのか。ま、そういうことをお話します。生放送です。何が起こるかわかりません。見逃し配信もありますから、よかったら見てやってくださいませ。

京コトはじめ「暮らしも文化も支える京の扇子」
6月10日(金)午後2時5分~50分(45分)
NHK総合テレビ
司会:森田洋平アナ 桂米二

京コトはじめ「暮らしも文化も支える京の扇子」



次は落語会。年3回開催の「びわ湖浜大津寄席」、今回は京阪電車、びわ湖浜大津駅の隣のスカイプラザ浜大津です。

一番しんどくて、しんどいけどやりがいがある噺の「百年目」を出しています。春の噺です。年に1回か2回しか出しません。今年は1月の奈良に続いて今回の大津です。これが済んだらまた来年。

もう一席は「つる」。「つる」は落語のエッセンスですよ。うちの師匠がよく言うておりました。ストーリーだけ言うたら、あんなつまらない噺もございません。噺家の腕の見せどころでもあります。

  ☆6月12日(日) 14:00 ~ (開場 13:30)
第18回びわ湖浜大津寄席/スカイプラザ浜大津7F・スタジオ1(椅子席)
 京阪電鉄「びわ湖浜大津」北へ徒歩1分
 〒520-0047 滋賀県大津市浜大津1丁目3-32 TEL 077-525-0022(木曜日休館)
「延陽伯」源太 「矢橋船」しん吉 「つる」米二 「百年目」米二 糸・公美子
予約¥2,500 当日¥3,000 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥1,000 全席自由
問&予 実行委員会 TEL 080-8941-7211 ※留守番電話・SMS(ショートメール)
Eメール biwakohamaotsuyose@gmail.com
または桂米二予約センター(メール、LINEのみ)
PCメール・Yahoo・Gmail等はこちら g-yan@yoneji.com
携帯メール(docomo・ezweb・softbank等)はこちら yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
LINE 桂米二予約センター ID :hanashika_yoneji 🔎 08053387331
主催:びわ湖浜大津寄席実行委員会  後援:大津市・FMおおつ
 今回と次回は京阪電車「びわ湖浜大津」の真隣のスカイプラザ浜大津で開催です。
 スカイプラザ浜大津は、浜大津公共駐車場の上の階にあります。
スカイプラザ浜大津

びわ湖浜大津寄席ブログ

スカイプラザ浜大津地図

チケット予約フォーム「第18回びわ湖浜大津寄席」

2022-06-12 18 びわ湖浜大津寄席 L.jpg


次の日は東京です。初めて東京の寄席へ出演します。こんなことは生涯ないことと思ってましたが、桂文治師が呼んでくれました。

文治さんは京都が好きでプライベートでよく遊びに来て、「かねよ寄席」の京極かねよも何度も寄って食べてはるんですと。それを聞いたので「かねよ寄席」の出演をお願いしました。その返礼が桂米二の新宿末廣亭出演。まさかまさかの展開です。

文治師がトリの6月中席昼の部。上方枠がありまして、2日間ずつ5人の上方勢が出ることになってます。私は13日(月)と14日(火)になりました。あとは誰が出るかというと、仁智、たま、文我、福笑の4人です。敬称略。

うちの会長が出るかと思たら、上方落語協会に入ってない孤高の噺家、文我君も入ってます。最年長が福笑師で、一番若いのが京都大学卒業のたま君。私は年齢的に言うと真ん中ですねえ。

平日の昼間の東京新宿。出番は午後3時過ぎ。お越しになれる方は限られてると思いますが、桂米二を助けるつもりで来ていただいたら嬉しいです。ご予約は不要です。それが寄席です。「ヨセキ」と読んだ政治家がいましたが……。

  6月13日(月)・14日(月) 12:00 ~ 16:15
新宿末廣亭6月中席・昼の部/新宿末廣亭
 東京メトロ丸ノ内線・都営新宿線「新宿三丁目」すぐ
音助花金(交替) 和光 「和妻」きょうこ 圓楽一門交互 慎太郎 「漫談」マグナム小林 鯉朝 小文治
「漫才」宮田陽・昇 蝠丸 鶴光 鷹治 「太神楽」よし乃 米二 笑遊 「コント」D51 文治
料金 一般¥3,000 シニア¥2,700 学生¥2,500 昼夜入替なし  TEL 03-3351-2974
 初めて東京の寄席に出演します。トリの桂文治さんに呼んでもらいました。
 こんなことは最初で最後かもしれません。どうぞ、ふらっとお越しください。
 桂米二の上がりは午後3時10分頃の予定です。持ち時間20分。
 昼夜入替なしですから、3,000円で夜8時半頃までお楽しみいただけます。

新宿末廣亭

新宿末廣亭地図



今後の落語会

☆6/18(土)14:00 桂米二たったひとり会/奈良・古々粋亭
☆6/19(日)14:00 京丹後大宮寄席/京丹後市・興勝寺
6/20(月)14:00 動楽亭昼席/動物園前・動楽亭
☆6/21(火)18:30 上方落語勉強会/京都府立文化芸術会館3F和室
6/24(金)16:00 梅田で9時間落語会【第2部】/梅田・ラテラル
6/25(土)14:00 喜楽館昼席~小鯛受賞ウイーク/神戸新開地・喜楽館
☆6/27(月)19:00 かねよ寄席/京都・京極かねよ(鰻丼付)
☆6/29(水)18:30 尼崎落語勉強会/尼崎市総合文化センター2F アルカイックホール・ミニ
7/1(金)~2(土)14:00 動楽亭昼席/動物園前・動楽亭
7/3(日)14:00 喜楽館昼席/神戸新開地・喜楽館
☆7/9(土)18:00 米二・松喬・銀瓶三人会/神戸新開地・喜楽館
7/10(日)14:00 喜楽館昼席/神戸新開地・喜楽館
☆7/13(水)18:30 うめきた落語会/グランフロント大阪・うめきたSHIPホール
☆7/17(日)14:00 臨時停車の会/京都府立文化芸術会館3F和室
7/20(水)14:00 喜楽館昼席/神戸新開地・喜楽館
☆7/22(金)18:30 丁酉(ひのととり)の会~枝鶴・米二・梅團治三人会/天満天神繁昌亭
☆7/31(日)15:00 桂米二de新門前寄席/祇園新門前通・京町家 Salon de 新門前(食事会有)


時節柄、ご予約にはお名前とお電話番号が必須となっております。お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


一番上の写真は高校生の頃、桂枝雀師にサインしてもらった扇子。大事に残してあります。今はどこにあるか分からんけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント